立体的にプリントアウトができる最新の3dプリンター技術を比較

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット回線を使った電話網

ウーマン

通信コストを大幅に削減

オフィスを移転する際にIPフォンを導入する企業が増えています。最大のメリットは従来の電話回線に比べて通信費が安いからです。例えばIPフォン同士の通話なら無料でかけられます。支社や営業所がある場合などはIPフォンの通信に切り替えると、どれだけ長距離でも長電話でも無料になります。IPフォンはインターネット回線を利用した通信網なので、新たに電話回線を引く必要がないのもメリットです。手軽に導入できますし、転居する場合にも簡単です。最近はwifiを利用して通話することもできるようになっています。IPフォンとパソコンを連動させることも可能で、電話着信と同時にパソコン上に顧客情報を表示できたりします。そのため作業効率がアップできます。

パソコンやスマホと連動

企業がIPフォンの通信網に変えるのは通信コストを削減するだけでなく、通信網の運用管理を一元化できるからです。従来の電話回線網の場合は総務が管理をして、インターネット通信網を情報管理部門が行うなど分かれて管理していたのです。IPフォンはインターネット回線を利用するので、管理部門を1つに集約することができるのです。これによって組織の再統合と人員削減が可能になります。長期的にみれば経済面と人事面でのコストを大幅に下げることができます。またオフィスで受けた電話を外出先の営業マンのスマートフォンでも受信できるようになっていますし、転送もできます。このようにIPフォンを導入することによって、社員間のコミュニケーションを活発にすることができます。