立体的にプリントアウトができる最新の3dプリンター技術を比較

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加
複合機

備品の賢い購入方法

中古の複合機は新品と比べて価格が安く、機能的に問題のない製品が扱われています。そのため、備品として扱う企業からは人気があり、価格が抑えられるため経済的なメリットは大きいです。しかし、価格重視で選ぶだけでは機能に不安が残るので、機能も確認しながら選んでいくのがコツです。

ラミネーター

印刷物を美しく保護

印刷物の表面を保護する目的で使われるのが、ラミネートフィルムです。専用のラミネーターで加工するだけで、水や折り曲げに強い耐久性を得ることができます。加えて透明のプラスチックで保護することで、見た目もきれいに仕上げられるのが特徴です。

ウーマン

ネット回線を使った電話網

IPフォンはインターネット回線を利用した電話網なので、オフィスを移転した時に電話回線を引く手間が省けます。通信料も安くなるので、長距離電話が多い企業にはメリットがあります。IPフォン同士なら通信料が無料なので、支社や営業所との通信コストも削減できます。経費削減だけでなく、通信管理も一元化できます。

製造業を支える機械

3Dプロッタ

購入時の3つのポイント

近年、プリンター業界に新たなプリンターが登場しました。それは3dプリンターです。今までは、紙などの平面的なものをプリントしていましたが、3dプリンターは立体的にプリントできます。どちらかというと造形と行った方が伝わりやすいかもしれません。そんな3dプリンターは、国内のメーカーが様々参入しており、他のメーカーとの差別化を図っています。各メーカーを比較すると、購入時に比較するポイントが3つほどあります。これを知っておくだけでより良い3dプリンターを購入できるでしょう。まず1つは、出力時間です。製品を3dプリント化するのにかかる時間になります。2つ目はランニングコスト。当然安い方がいいです。3つ目は、もちろん精度。これなくしては語れません。これらが比較対象となります。

使用目的

国内の3dプリンターメーカーの製品を比較すると違いが見えてきます。では3dプリンターはどのような用途目的で使用するのでしょうか。3dプリンターは、主に樹脂や金属を加工してプリントされます。更に特徴としては、大量生産向きではないということ。やはり、3dにプリントするのは時間がかかる為、時間はとてもかかってしまいます。しかし、精度がとても高いことから、医療や自動車などの部品や、航空宇宙産業などの製品にも使用されたりします。また、試作部品にも使用され、1つ製作するのにかかる時間を精度でカバーしているので、需要が多くあるのです。今では、日本の製造業でも積極的に取り入れられ、3dプリンターの普及率も高くなって、日本のモノ作りを支えています。